FC2ブログ

ブナの会山行へ

【日  程】2020年3月14日(土)【天 候】曇
【山  域】泉ヶ岳周辺 
【行  程】泉ヶ岳スキー場駐車場~水神コース登山口~関口~お花畠~うぐいす坂~上ソバ倉~三差路~ヒザ川~水神~水神平~泉ヶ岳スキー場駐車場
【メンバー】船形山ブナを守る会総勢26名
DSCN0187_R_20200315143911eb5.jpg
久しぶりに1000m越えです。
10歳から何と80歳までの26名が和気藹々に春山を味わいます。
DSCN0189_R_202003160852174e9.jpg



この冬はあまり霜柱とは無縁だったような…。
DSCN0192_R_20200316085221203.jpg


そして、雪を踏みしめるのも今季初でしょうかな。
DSCN0197_R_20200316085224bd3.jpg



水神様に一礼、この碑は明治28年、福岡川崎の大せきから運ばれ、干ばつの時は雨ごいを七北田川流域28ケ村に人々が造り大正14,15年ごろは盛んにお参りがされたようです。
DSCN0198_R_20200316085226602.jpg


ヒザ川を渡り三叉路方面へ向かいます。
DSCN0205_R.jpg


下見に来た1週間前は支柱の上にアゴを乗せられたと…。
DSCN0206_R.jpg


ワカンは不要だった。半世紀前のアイゼンを装着したが下山中脱落…。スンマセン(>_<)
DSCN0199_R_202003160852264b5.jpg



この木なんの木、気になる木…学習会が始まり皆さん釘付けです。
DSCN0209_R.jpg


ここは熊棚がいっぱい、埼玉から来た4年生は興味津々だった。
DSCN0212_R_202003160852292c0.jpg


そして登山路を左に外してブナの原生林を見る。
DSCN0219_R_202003160852319fd.jpg


見るからに巨木、「関山峰渡の大ぶな」に匹敵しそうな風格、数百年は経ってるでしょう。
DSCN0220_R_20200316091610982.jpg


N山さん、お元気で何よりです。
DSCN0224_R_20200316091608610.jpg


2016.2以来の上ソバ倉、4年前に愛犬マロ子は犬として初めてか?この景観を見ている。
ですもう少し上に行けば180度の展望ですが、大ぶなが見られたし満足です。
DSCN0232_R_20200316091610f32.jpg


後白髭山東面をズーム、この辺りが横川大滝かと…??
DSCN0228_R_20200316091612780.jpg


4年前は四本桂から尾根を下りましたが、今日はいい雰囲気の尾根を登ります。
DSCN0245_R_20200316091614a93.jpg


お姉さんいえ、お嬢さん、いい腰掛があったとひと休みいえ人やすみ。
DSCN0244_R_20200316091613e91.jpg


左手に北泉ケ岳、右手に泉ケ岳を見ながら登れる贅沢がここの尾根にありました。
誰かがこの山名は……そういえば中泉ケ岳っでもいいかなぁ~って呟く。
DSCN0247_R_2020031609263569e.jpg


足だけ撮ってぇ~、なんでぇ、ここは泉区と大和町の境界だそうで…またがり撮影です。
DSCN0250_R.jpg


幅広い参加者の中には必ず元気者がいましすね。「滑落停止」完璧でした。パチパチ!(^^)!
DSCN0251_R_20200316092644ee5.jpg


四本桂にて昼飯タイム。
DSCN0262_R_202003160926447d3.jpg


見慣れてる四本桂(桂ではなくシナノ木です)を4年生の男の子と計測、4.25mありました。
DSCN0265_R.jpg


埼玉の4年生、いい思い出になったことでしょう。
DSCN0268_R_202003160926468c7.jpg


さて、昼飯はカップラーメンとハンバーグで簡素でした。
DSCN0264_R_20200316092645ad9.jpg


三叉路から泉ヶ岳を目指し途中右へ、ヒザ川を下ります。
DSCN0270_R_20200316092647c16.jpg




ヒザ川を途中まで下り、黒鼻山分岐まであがります。
DSCN0276_R_20200316092648d0f.jpg


水神で、メーンイベントの談話会のはじまり。
DSCN0278_R_20200316092650fed.jpg



今日は、「お孫さんと歩いたおじいさん、おばあさん」に羨ましい感動ですよ。
次は、5月10日 蛇ケ岳が船形山ブナを守る会の山行予定です。
DSCN0281_R.jpg


さてさて、懸案事項であったことが前進しました。
その昔に、升沢地区の方々が定義参りをするときにこの辺りを歩いた記録があります。
改定 船形連峰御所山案内<S62.5発行149p参照>
img20200315_050.jpg


升沢から北泉ケ岳を経て定義へ辿る道は…これまでこう考えていた。
①水神を経て芳の平経由で定義へ…険しい道でないが遠距離。
②黒鼻尾根を経て白木集落へ、そして定義へ…黒鼻山の南壁が難所。
img20200315_051.jpg

そして、今回、浮かんだのがこのこと。
昭和20年代末に、泉ヶ岳から船形山までルート開削した五百旗さんはこう記述していた。
空沢を下り水を求めた。この空沢こそ、四本桂の西側に存在しており事実と一致する。
現在の横川林道も藩政時代から存在しており、この空沢こそ升沢の方々が利用した定義道の一部ではなかろうか?。
よって、③四本桂を経て横川林道経由、そして定義へ。
以上は、文献に記載されていることでもないし個人的推測ということですので…。

コメントの投稿

非公開コメント

良く撮りましたね~

泉ヶ岳の駐車場手前の防雪トンネルですよね。
このトンネル出口から、こんなベストショットが撮れるなんて初めて知りました。
 どんな山行をされたのか楽しみです。

No title

トシヒコ さん
今季初の雪を踏みしめた登山です(笑)
どんな山行って、春山を愉しみながらワイワイガヤガヤでした。

No title

初めまして。
FCブログの訪問者履歴からお訪ね訊ねしました。

以前は東北の山もたまに行くことがありましたが1917年10月に信州へ移住し、東北はすっかり遠くなりました。

私もYahooブログから移転した一人ですが、FCブログから再度こちらへ移転しました。
https://ameblo.jp/tako1949/
いずれにせよ、あまり更新もしていませんが、よろしければ覗いてみてください。

感謝

takoさん
こちらこそ初めまして、よろしくお願いいたします。
信州の暮らしに憧れますね。
先の3.11の震災では当地区被災場所に御県消防応援の部隊が翌朝には駆けつけていただき救助、救命にあたっていただきました。
この御恩を忘れてはいません。
今後ともよろしくお願いいたします。

ひょっとして…

こんにちは。
ブナの会とブナを守る会は同じ?
ひょっとして山菜を採りながらお昼は山菜天婦羅を振舞うという会でしょうか?
これって一般参加できるのでしょうか?

上ソバ倉ってこの時季、雪がある時だけ?道標は無いんですよね?

そう言えば今季、黒鼻山も歩いてないなぁ・・・

上ソバ倉

nadeshikoさん
こんにちは~。
ブナの会とブナを守る会は同じ…船形山ブナを守る会ですね。
山菜を採りながらお昼は山菜天婦羅を振舞うという会…一部の方はしておりますが。
もちろん、来るものは拒まず老若男女集います。
5/10は蛇ケ岳へ行きますのでご参加ください。
上ソバ倉は雪がある時だけですが、ヤブ漕ぎして行った方もおります。もちろん道標はありませんので天気がいい時にね。
黒鼻山、メーンルートになりましたね。相変わらず熊棚がたくさんありましたねぇ・・・。



北泉の御秘所は上ソバ倉…【日程】 2016.3/5(土)をご覧ください。

相談して

お誘いありがとうございます。
只、皆さんにご迷惑が掛からないように私の足の調子次第で。

参加の場合
集合時間や場所、参加費用などご連絡いただければありがたいです。

待ってます

nadeshiko さん
2020の活動計画です。
5/10 蛇ケ岳  6/14秣岳  8/24~ 8/30ブナの森作品展
9/27前船形山  10/24~10/25東北自然保護の集い宮城県大会
1/17 笹倉山
会則なし。申し込みなし。もちろん快速登山もしません。
参加費は保険代込み500円。
集合時間や場所はまだ決まっておりません。
詳しくは、リンク先にあります「船形山からブナの便り」をご覧ください。

No title

ありがとうございます。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR