FC2ブログ

アリ(コクロアナバチ)とキリギリス…

明日から8月ですね。
夕方6時、青空の中から月が久しぶりにお晩です。
これで梅雨明けでしょうか。
DSCN9633.jpg
雨だけ降って喜ぶのは雑草だけかな。
草刈りの丸歯にワイヤーを付けたら効率いいかなと、楽なことばかり考えます。(笑)
P7300016_R.jpg


こんな感じで取り付けてみましたが…。
P7300018_R.jpg


試験刈り取りしたら、いつも使ってるナイロンコードよりガッツリかれますが…やはり振動が凄い。
中心重量が取れていない(はじめから感ずいていましたが…)ので高回転は無理です。
今度はしっかりと中心重量を取って挑戦しましょう。
P7300019_R.jpg



さて、題名の「アリとキリギリス」ですが、作業していたら…爆音…ヒェー何と自分よりも大きい虫を抱えて自分の目の前に胴体着陸。
P7300006_R.jpg



羽虫かなと…姿はアリ、羽アリに自分は感じましたが…何虫でしょうか。アリにしておきます。
P7300004_R.jpg



飛び立とうと頑張りますが、何回も不時着を繰り返しました。
P7300012_R.jpg



ようやく飛び立っても空中浮遊…トマトの葉にまたもや不時着…後の行方は未確認です。
P7300013_R.jpg


題名は「アリとキリギリス」にしましたが、この童話のストリーは何だっけかな…調べてみました。
【童話】アリとキリギリス
暑い夏の間、自分の体より大きなパンのかけらを背負って歩く働き者のアリがいました。
せっせとパンを運んでいると、バイオリンを弾いていたキリギリスが、何をしているのかと訊ねてきました。
アリが、冬に備えて食べ物を運んでいることを伝えると、キリギリスは「こんな暑い日に働くなんてバカなやつだ」と笑いました。
キリギリスは暑い夏の間、昼も夜も働かず仲間と音楽会を開いては、歌ったり踊ったりと毎日を過ごしていました。

やがて夏が終わり冬が近づくと、青々としていた草木が枯れ、葉が散っていきました。
冬の準備を何もしていなかったキリギリスは枯れ草のかげでお腹を空かせて凍えていましたが、食べるものなどどこにもありません。
キリギリスは夏の間に食べ物を運んでいたアリのことを思い出し、食べ物を分けてもらいに行きました。
夏の間、散々バカにされていたアリはキリギリスの頼みを断りましたが、気の毒に思えてきたので、パンのかけらをあげることにしました。
キリギリスは何度もお礼を言い、アリを見習ってこれからは心を入れ替えてまじめに働くことに決めました。

そんな内容だったですね。
写真のアリは明らかに強靭な肉体でキリギリスをKOしていた。


こんなことも付記されていました。
現在の日本において、「人生は真面目に勤勉に働き続ければ必ず報われる」という日本人の社畜幻想を支えていた年功序列・終身雇用・年金制度は、明らかに実質的な崩壊へと向かっていますとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

アリとキリギリス

私はどちらかと言うとキリギリスだわ(笑)

実家の畑や庭が原っぱのように草丈が伸びてて私も小型の草刈り機が欲しい~! けどいずれ弟が戻った時、庭も畑も潰してしまうというので高いお金を出してまで私がすることでもないしと、今日、肩掛けの噴霧器を購入しました(^^ゞ

蟻に羽が生えたような昆虫は地面に巣を作る<コクロアナバチ>だそうです。ツツアナバチ科 
竹のような穴や壁の穴に餌を持ち込むらしいですよ、きちんと栓もするそうで(#^.^#)

No title

nadeshikoさん
アリではなく、コクロアナバチでしたか。
全容はアリでしたがしっかりとした羽根でした。
ご教示ありがとうございます。
私はどちらでもなく。ギリギリ人間ですわ(笑)
肩掛けの噴霧器で除草剤対応ですね(^^)
風があるときは飛びすぎますので…ご注意ください。(^.^)

やっと開けましたね~

山形は2日ようやく待ちに待った梅雨明けでした。
今年はほんとによく降ったもんだと思います。

あれだけの水どこから来たのか・・・
砂漠にでも降ってくれればいいのにと思います。

おかげで、畑の野菜や花も根腐れ状態です。

No title

トシヒコさん
山形の暑さに比べればこちらは海風が入ります。
雨はもういらないと思いましたが、この暑さも大変。
畑はようやく耕うんしることができました。
野菜も高値だそうですね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR