FC2ブログ

大東岳で秋をかみしめる

【日  程】2020年10月20日(火)【天 候】曇後晴
【山  名】大東岳(1365.4m)
【行  程】8:00登山口→小行沢→立石沢→9:50鹿内分岐→1019標高点→10:20こぶし平10:25→鼻こすり→11:25山頂11:50→12:06弥吉ころばし12:15→13:30樋の沢避難小屋13:40→14:00北石橋分岐→14:15おどけ坂→14:25床滑沢→1435けやき沢→14:50京淵沢→15:05裏磐司展望台→15:15雨滝→15:30白滝→15:35駒止の滝→16:20登山口
 
久しぶりの大東岳は単独で登ります…が、天気予報は快晴だと言ったのになんだべぇ~。
DSCN0618_R_202010211805113cf.jpg
磐司尾根。
DSCN0620_R.jpg


三方倉山もいいかな…駐車場はバイクと普通車1台。
DSCN0622_R.jpg



表コースから山頂を経て樋ノ沢(裏コース)経由で周回する予定ですが心配なのは老体が頑張れるか…。
標準は4時間…老体は目標3時間プラスキノコ時間。
DSCN0621_R_20201021180514967.jpg



登山口の近くに山神碑、今度、詳しく読もう。
DSCN0624_R_202010211814074f9.jpg


小行沢の渡渉横断箇所、渇水期なので石の上を歩けます。
DSCN0627_R.jpg


2合目の黒御影石の道標、表コースの各号目に同じ御影石の道標があります。
今日はダブルストックです。(おっ家内の借用)
DSCN0632_R.jpg



立石沢渡渉個所。
DSCN0634_R.jpg


おっ、クリタケかな。
DSCN0633_R.jpg


四合目を過ぎるとカラマツ林に変わり急坂、まだ紅葉は始まっていません。
カラマツ林の入口に「カラ松山見」の見出し札が貼って有りました
DSCN0645_R - コピー

 

五合目で主尾根に合流、右手は鹿内林道コース、もう荒れていますね。
DSCN0649_R - コピー




1019m図標点、標高は2mの誤差です。
条件次第では山域最大の大東滝が見られるというが…記憶はないな。
DSCN0656_R_20201021182143804.jpg


焼け始まってきました。
DSCN0653_R_2020102118214259e.jpg


こぶし平。
DSCN0665_R_20201021182621a40.jpg


樹間からは急斜面の「矢尽」が見えた
DSCN0663_R_2020102118261976f.jpg


東清水、若いころはよく水汲み行きましたが今はどうなんだろう。
DSCN0668_R.jpg



7合目を過ぎると急登のはじまり…古い案内書には「沼の平」なる地名があるがこの湿地なのだろうか。
DSCN0672_R.jpg


「鼻こすり」の標識を過ぎると急坂は段々と緩やかになってくる。
「がんばってね」の文字に…もう、頑張れねぇなぁ~なんて呟く。(笑)
DSCN0676_R_20201021183853bb0.jpg


空も青になってきた。
 DSCN0683_R_20201021183854eda.jpg

 

大東岳(1366m)山頂到着です。
4合目あたりで電話中に追い越された県内の男性が休んでいた。年に数回は大東岳に登るという。

DSCN0687_R_202010211838563f3.jpg


山頂は、北から東側への展望があります。
北面白山山域から東へ派生する山並に目を奪われます。
この4月に探索した「中世の関山古道ルート」はあそこかな…
DSCN0701_R_20201021184805e75.jpg



一等三角点「点名は大東山」付近に、宮城県のマスコットむすび丸くんがいたので乗せてあげました。
DSCN0703_R.jpg


 山頂で休憩をし樋ノ沢避難小屋(裏コース)へ下りますが弥吉ころばしまではかなりのヤブ状態です。
DSCN0706_R_2020102118511031c.jpg


右手には奥羽山脈の主稜線( 山王岳~小東岳~猿鼻山)。
DSCN0711_R_20201021185111822.jpg


行ってみたくなる笹薮街道。
DSCN0714_R_20201021185113736.jpg


弥吉ころばしでの展望は視界がイマイチで満足なり。
DSCN0725_R_20201021185357d70.jpg


また来る日まで「弥吉ころばし」…何かで読みましたが弥吉ころばしはここではないそうだね。
DSCN0730_R.jpg


 「弥吉ころばし」の急坂を下ります。ここは登りたくはないと…。
DSCN0732_R_20201021185400a9b.jpg


1000m付近がいい紅葉でした。
DSCN0740_R.jpg


糸岳方面。
DSCN0745_R_20201021185830ef8.jpg


おっ、萩の月(宮城の美味しい饅頭)だと…生きのいい大きなナラタケでした(笑)
DSCN0748_R.jpg




樋ノ沢避難小屋、正面に小東峠方面が見えます。
DSCN0750_R_202010211858328e6.jpg


大行沢左岸沿いの裏コースを歩きます。
アップダウンもあり鎖、ロープが設置されている所も有りますのですが転落したらキケン。土アケビが待ってました。
DSCN0759_R.jpg


「天国のナメ」今年は歩けなかったねぇ。
DSCN0761_R.jpg


展望所から眺める「裏磐司」の大岩壁です。
DSCN0778_R.jpg


ぼやけましたが、生きのいいナラタケがガッチリ上まで生えてましたよ(嬉笑)
DSCN0788_R.jpg



ザックは重くなるし…老体はムチ打って登山口到着です。
DSCN0790_R.jpg


磐司岩にグッドバイ。
DSCN0804_R.jpg


おっ家内に献上の品、ナラタケが大半で、クリタケでナメコは無し。
DSCN0810_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

大東の紅葉は遅いのかしらね…
大分前の秋に2回しか登っていませんがやっぱり20日頃で紅葉はやや終盤で。
鼻こすり・・・ここから更に急坂になるのかと思ったら何の事はなくそこまでが急坂で、どうして鼻こすりなのかと思いましたyo^^

樋の沢小屋までのブナの黄葉が見事でした。

maroさんはキノコ採りながらでも8時間ですが10年前の私達は9時間も掛かり今は登る気力すら(^^ゞ


これ以上は歩けませんねぇ

nadeshikoさん
今年の紅葉は遅いようですね…
鼻こすり・・・の標識が見えたらほぼ終盤ですね。
他の山にはもっと急坂があるようですが…鼻の高い誰かがこすったからかな…(^^)
そう、樋の沢小屋までのブナの黄葉は見事、でも早かったな。
今回、ひょっとしたら大東の終活登山かなと…もう少しいけるかな。
キノコがあるから登ったのかもしれませんねぇ( ;∀;)


No title

10月も下旬なのに未だにナラタケが生えてるとは・・・
今年のキノコは遅いですね。
やっと大行沢沿いの登山道の刈り払いを行ったようで、これでヤマビルから解放されますね。

キノコ良いなあ

涼しくなって大行沢沿いはヤマビルの心配なく歩けて良かったですね。
ステキな展望と紅葉にキノコのお土産付きは羨ましいです。

No title

S0NEさん
饅頭のような形のいい大きなナラタケでした。
今年のキノコは遅い分、ナメコはまだまだかな。
弥吉ころばしからは歩きやすくなっていましたよ。

No title

morinoさん
登山してお土産があると歩きごたえありますねぇ。
これまでヤマビルは三方倉の1回だけ。
俺には寄り付かないのかなぁ~。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR