FC2ブログ

芭蕉の道「一関・平泉」を辿る

☆ 芭蕉の道ツアー  歴史の道百選(一関)と古都平泉を巡る
・日時 令和2年10月24日(土) 
いつもの七ツ森光景を見て、大和ICから一関ICまで、1550円也…古川からワイパーを動かす。
DSCN0814_R.jpg
・集合 8:50 JR一ノ関駅西口(大槻三賢人像前)
DSCN0820_R.jpg


大槻三賢人とは…因みに、テレビに出てくる大槻教授は宮城の角田出身で関係はないようだ…?でも、わからない。
DSCN0818_R.jpg

読んでくださいませ。
DSCN0819_R_20201025182921aca.jpg



参加者は18名…一人1席ですが、連れ合いは2人で1座席です。行程図。
img20201025_235_R.jpg




・内容 一ノ関駅西口(9:00)⇒[二夜庵跡⇒迫間街道分岐点⇒新山一里塚(以上車中)]⇒蔵主沢入口~女殺し坂~苅又一里塚入口~苅又一里塚~苅又一里塚入口⇒中尊寺(昼食:ホテル武蔵坊)⇒平泉駅前~伽羅御所跡~柳之御所遺跡
  ~無量光院跡~高舘衣川(接待館跡等)一ノ関駅西口(16:40)    バス移動  ~:徒歩(計約5km)
DSCN0825_R.jpg


遠く栗駒山をズーム、紅葉はかなり下界に降りたようだ。岩手内陸地震で崩壊したドゾウ沢が見えた。
DSCN0826_R.jpg


伊達藩の支藩となる一関藩は田村家居城跡(伊達政宗公婦人愛姫の実家だ)。
DSCN0828_R.jpg


蔵主(ゾース)沢入口から古道を歩き女殺し坂で説明を受ける。何、女殺しって…悲しい物語、時間がありましたら追記します
DSCN0835_R.jpg

苅又一里塚入口前にて
DSCN0842_R_2020102518460587a.jpg


芭蕉と曽良の歩いた一関~岩出山うち、昨年10月に歴史の道百選に追加選定された。
DSCN0845_R.jpg


DSCN0852_R_2020102518461152f.jpg



DSCN0853_R.jpg


令和の芭蕉さん、楽しい説明をありがとうございました。
DSCN0851_R_202010251846092d5.jpg


右のおばさんはS5年生れ…えっ、90歳だって。我々と一緒に息を切らすことなくすたすた歩く。
千厩の古民家の主だって…娘さんが「調べることがあるから図書館へと誘われるそうだ」
DSCN0849_R.jpg


一関の芭蕉さんはこのまま金色堂に入れないそうで衣装替え…江戸から令和にタイムスリップします。
DSCN0865_R.jpg


玄関口です。
DSCN0870.jpg


中尊寺の案内板
DSCN0875_R_20201026053116d46.jpg


宝物がいっぱいでした。
DSCN0874_R.jpg


2回目の金色堂、まざまざと黄金文化を感じました。
DSCN0880_R.jpg


芭蕉さん銅像。
DSCN0888_R.jpg


里にも秋が降りてきていました。
DSCN0900_R.jpg


北上川を展望して尾谷押見の昼食会場へ。
DSCN0897_R.jpg


昼食は武蔵坊弁慶も別室。
DSCN0902_R_202010260543044e7.jpg


豪華に料理が並び完食。
DSCN0903_R_20201026054301e47.jpg


ビールを頼んだら中瓶で825円…えっ、でも美味かった。
DSCN0906_R_20201026054302ccd.jpg


昼食を終えて平泉駅に移動、奥州藤原氏の歴史を物語る御所跡や寺院跡」など遺跡を巡ります。
DSCN0909_R.jpg


おっ家内、早速引っかかる。(笑)
DSCN0910_R.jpg



最後の一品「コウタケ」1000円をゲットしてご機嫌でした。
DSCN0911_R.jpg


東北本線、一関の方々は県庁の盛岡よりも宮城の仙台に買い物に行くそうですよ。
DSCN0913_R.jpg


「柳の御所は黄金文化の政庁でした」
DSCN0914_R_20201026054646ec5.jpg


あれが金鶏山。
DSCN0916_R.jpg



東側では盛んに資料館が建設中でした。(見に来なくてわね)
DSCN0919_R.jpg


高館義経堂にようやく来れたね。
DSCN0931_R.jpg


桜の時期は最高の展望だそうですよ。
DSCN0932_R_2020102605565681c.jpg



DSCN0935_R_202010260556581fa.jpg


悲運の死を遂げた源義経公、どうやって平泉に辿ったのか…私的には山形から奥新川へ辿った説にウキウキする。
DSCN0951_R_202010260556592c8.jpg



10円硬貨の裏側と同じ宇治の平等院のような建物があったという。春秋彼岸の時には金鶏山に陽が落ちて後光がさすという。
DSCN0958_R.jpg


衣川の「接待館遺跡」。
DSCN0961_R.jpg


中尊寺境内から渡渉地点があったという。あの石に橋をかけとという。
DSCN0973_R_20201026060909994.jpg


見事なお屋敷が目についたのでパチリ、おっ家内にはこのような家に住ませてやりたかった…。
返事は掃除が大変だから今のままでいいと…。(苦笑)
DSCN0969_R.jpg


金売吉次の屋敷跡?だという長者原廃寺跡を車中からみて帰路につく。
DSCN0980_R_20201026060911525.jpg


予定より30分早く一ノ関駅に帰りました。
コロナ禍での日帰りトラベル、一関観光協会の企画に感謝です。
楽しいお喋りの一関の芭蕉さん関係者の皆さんに感謝です。
・参加費5,200円+地域クーポン券1,000円 ※8,000円をGoToトラベル支援 (昼食・バス代・入館料・保険料・ガイド付)
DSCN0981_R.jpg



お土産は、岩屋堂羊羹、煎餅と清酒『関山』です。
この名『関山』は、藤原三代、源義経、弁慶ゆかりの地である平泉の中尊寺の山号、関山中尊寺に由来します。
清酒『関山』はマロ子へのお土産…ではありません。自分へのお土産です。
帰路はビール代出費の分、一般道を走り2時間で帰宅、高速のプラス1.5倍の時間でした。
DSCN0988 - コピー

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR