関山峰渡・関山街道フォーラム探訪会<第5回>

【日  程】2016年4月29日(金) 【天 候】曇/強風・雨
【行  程】 関山P~坂下番所跡~~峰渡り交差点~旧関山隧道~戻る~峰渡尾根~関山・大峠~羽前の国展望所~いつぷく平~永晶橋P
【メンバー】 「関山街道フーラム探訪会」約30数名

明治15年に開通した関山隧道(宮城側)と明治初期まで「峰渡り」と呼ばれた敷山古道の探索に参加しました。作並温泉の岩松旅館に集合して一路、関山トンネル・宮城側旧道入口に向かいます。
募集は20名でしたが、80名近い申し込みがあったそうです。
同じ山域に3週間連続(実は翌日も関山山域へ)で通うのも稀であるが、最近では安達太良の迷い沢へ4週間連続で捜索に行った以来である。
毎年一般募集されます探訪会が、超人気のようで当選の確立は25%、参加者は今朝までの荒天から回復気味の天気に笑顔が溢れていた。いつも顔を覗かせる大東岳は雲隠れ。
DSCN7733_R.jpg

続きを読む

小山田新道の宮城ルート

【日  程】2016.4 /23(土) 【天 候】晴
【行  程】6:10 関山P~関山旧道~6:25峰渡り交差部 ~7:00旧関山トンネル~8:05小新川山~8:30小山田新道~9:30掘割~11:15北沢林道分岐・昼食~作業道跡~12:50桂沢堰堤・桂沢P
【メンバー】 奥さん、 tochiさん、マロ7 計3名
いよいよ小山田新道も大詰めとなり、今回は小新川山から南東方向へ宮城側を辿る山歩きです。
同行の奥さん(人妻の旦那様です)とは幻の沼、小山田新道の柳沢、3月の小新川山と今回で4回目、 tochiさんとは関山峰渡りからご一緒です。
今回は、関山旧道を辿り、旧トンネルから南側の尾根を這い上がり小新川山へ、そして小山田新道を宮城側へ進み、北沢林道分岐点から国道48号線の桂沢へ降りる行程です。
ここは登山道ではなく、明治期の小山田新道は地図上に破線コースとして表示されていますが、ヤブルートです。
平地の桜は散りましたが、お山は萌の彩がはじまり、ピンクの山桜が心を和ませてくれます。
まさに「山笑う」春紅葉のこの時期は1年でも待ちかねていた季節なのです。
DSCN7496_R.jpg

続きを読む

大峠・関山峰わたり

【日  程】2015年4月18日(土)  【天 候】晴
【山  域】 奥羽山脈のまん中 
【行  程】 9:00国道48スノーシェルタ→坂9:10下境目番所跡→9:30旧国道交差部→9:50峰渡り→10:15大ぶな→11:30関山12:15→12:40出羽国見晴所(仮名)→12:55いっぷく所(仮名)→14:07乱川渡渉→14:10国道48号線
 【メンバー】 関山フォーラム等の皆さんマロ7・ 計8名

連れて行ってもらえないと悟ったマロ子の表情はさえなかった。ゴメンナサイ ヽ( ´_`)丿
DSCN7044_R.jpg

続きを読む

関山峠のダットサン

謎に満ちた、関山旧道沿い崖に転落している乗用車は本ブログ(関山界隈)で何回かアップしています。。
昨年4月には、現物まで近づいて撮影、車種の確認をおこない昭和の感触を味わいました。
道路から数十メートル下に、放置されている乗用車はなぜ落下したのだろうか。事故か、それとも投げ捨てか????
ダットサン ブルーバード P310型(1963年)
ダットサン_R

車両解説
日産自動車は1959年7月、110型からつづくダットサンセダン210系をモデルチェンジした310型、つまり初代ブルーバードを発表する。長期にわたる市場調査から生まれた新型は210型の堅牢さを受けつぎながら多くの新技術やエレガントなスタイルを採用。またたく間に小型車市場を席巻した。大きな特徴は世界でも初めて女性仕様のファンシーデラックスを設定して女性にも大きなアピールをしたことであろう。この312型は1962年にマイナーチェンジを受けた最後のモデルで、63年には410型とバトンタッチすることになる。

続きを読む

関山の小新川山と小山田新道

【日  程】2016.3 /12(土) 【天 候】晴
【行  程】7: 関山P~関山旧道~峰渡り交差部 ~8:25旧関山トンネル~9:30小新川山~小山田新道分~11:40県境越・3本ブナ兄弟~11:45・791ピーク~12:10・昼食832ピーク12:30~小山田新道北尾根~13:10小新川山~旧関山トンネル真上~急斜降下~14:00旧関山トンネル~14:40関山P
【メンバー】 奥さん、マロ7 計2名
昨秋からの計画です。同行の奥さんとは幻の沼、小山田新道の柳沢と今回で3回目、人妻(笑)ではありませんのでご承知ください。
今回は、関山旧道を辿り、旧トンネルから南側の尾根を這い上がり小新川山へ、そして小山田新道を山形側へ進み、県境越の3本ブナ兄弟まで往復する計画です。
登山道ではなく、小山田新道は地図上に破線コースとして表示されていますが、一部道路の原型が残ってはいますが、谷間となる部分は崩壊していますので一般向きではありません。
DSCN6352_R.jpg


続きを読む

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR